Top >  もしも症状が発症したら >  余談:ラテックスアレルギー回避の国内での対応策

余談:ラテックスアレルギー回避の国内での対応策

自分の体は自分で守るといっても、どうしても限界があります。


特にラテックスアレルギーのように

まだアレルギーとしてあまり目立っていないものは特に。


いくら自分でラテックスに気を付けようとしても、

気付かずに使用してしまうことだってあります。


軽度の症状の方であれば命に関わることはありませんが、

過敏にラテックスに反応して重度の症状が出てしまうと

命にも大きく関わってきます。


しかし、ラテックスアレルギーの認識は徐々に世の中に広まりつつあり、

国内でもラテックスアレルギー回避のための動きがみられています。


1996年に【日本ラテックス・アレルギー研究会】が発足され、

毎年研究会を開催してラテックスアレルギーの予防・啓発活動が行われています。


民間の声を取り入れたり、行政や医療機器等のメーカーとも

意見交換をしてそれぞれが協力し合って活動しています。


1999年には医療用具の添付文書に

「ラテックスアレルギーに注意」の表示をするように

義務づける法律も制定されました


こうした活動がどんどん増えていけば

ラテックスアレルギーに注意する人も増えて、

回避への第一歩となりますね

         

もしも症状が発症したら

ラテックスアレルギーの症状が発症したら
どのようにしたら良いのでしょうか?

関連エントリー


ラテックスアレルギーかも?と思ったら。。。
ラテックスアレルギーと診断されたら
余談:ラテックスアレルギー回避の国内での対応策