Top >  もしも症状が発症したら >  ラテックスアレルギーかも?と思ったら。。。

ラテックスアレルギーかも?と思ったら。。。

ちょっとでも皮膚・呼吸器などの異常を感じたら

すぐに病院で受診しましょう。


ラテックスアレルギーの診断はそう難しくはありませんが、

時間とお金が少々かかります。

まずは医師に症状を相談することが大切です。


ちなみに、ラテックスアレルギーの診断方法は3つあります。

3つ全て検査するということは少ないかもしれませんが、

とりあえず、その検査方法をご説明します。


1.血液検査


血液中のIgE抗体という抗体を検査します。

この抗体に異常があるとラテックスアレルギーを引き起こすとされています。


2.皮膚テスト


ゴムの手袋と生理食塩水を使って作った液を用いる検査です。

プリックテストと呼ばれ、過敏に反応する方や血液検査でIgE抗体が異常だった方は

救急医療等が整った環境で行う必要があります。


3.負荷テスト


聞き慣れない言葉ですが、この検査は実際にゴム手袋をはめてみる検査です。

症状が出やすい方には一番簡単な方法ですが、

血液検査→皮膚テストと順番に行い最後に用いられることが多い検査です


以上の3つの検査で診断します

         

もしも症状が発症したら

ラテックスアレルギーの症状が発症したら
どのようにしたら良いのでしょうか?

関連エントリー


ラテックスアレルギーかも?と思ったら。。。
ラテックスアレルギーと診断されたら
余談:ラテックスアレルギー回避の国内での対応策